DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
国際情報学部研究紀要 >
第15号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/1110

Title: IPアドレスの個人情報該当性
Other Titles: Bestimmbarkeit der IP-Adresse
Author: 實原, 隆志
Author's alias: JITSUHARA, Takashi
Issue Date: 23-Jan-2015
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 研究紀要
Issue: 15
Start page: 17
End page: 28
ISSN: 1883-8111
Abstract: 個人情報保護法が制定されて10年が経過し、個人情報の流出事件もしばしば起こっているが、その一方で「ビッグデータ」の活用への注目も集まっている。本稿では「利活用」が期待されることがあるデータのうち、IPアドレスに注目する。「パーソナルデータの利活用」に向けた動きのなかで、IPアドレスが「個人情報」に該当するかをドイツの議論を参照して検討することを通じて、現代における個人情報保護法制のあり方について考える際に必要な視点の一つを示す。
Keywords: IPアドレス
情報自己決定権
個人情報保護
通信の秘密
URI: http://hdl.handle.net/10561/1110
Appears in Collections:第15号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
v15p17_jitsuhara.pdf532.02 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library