DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
国際情報学部研究紀要 >
第15巻 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/1111

Title: 近代日朝関係の中の長崎と仁川 -明治期の艦船と人々-
Other Titles: Nagasaki and Incheon in Modern Japan and Korea relations
Author: 李, 炯喆
Author's alias: LEE, Hyong Cheol
Issue Date: 23-Jan-2015
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 研究紀要
Volume: 15
Start page: 35
End page: 46
ISSN: 1883-8111
Abstract: 1883年に開港した仁川はソウルの玄関口の役割のため急速に国際港として発展し、日本、中国、欧米の船舶が長崎を経由して入港した。長崎と仁川航路に就航したのが、主に三菱汽船(後は日本郵船)であって、様々な人々を運び、その中には数奇な運命を辿った朝鮮の歴史的な人物もいる。千歳丸こと青龍丸と米国宣教師アペンゼラーに注目しながら、19世紀末の長崎と仁川との出会いが仁川に残した有無形の遺産と痕跡を、さらに両都市の交流を今日的な視点から再考した。
Keywords: 三菱汽船
長崎・仁川
千歳丸・青龍丸
アペンゼラー
第18銀行仁川支店
URI: http://hdl.handle.net/10561/1111
Appears in Collections:第15巻

Files in This Item:

File Description SizeFormat
v15p35_lee.pdf583.6 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library