DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
国際情報学部研究紀要 >
第15巻 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/1192

Title: 中井正一における言語論への移行の問題Ⅰ ——中間者をめぐって——
Other Titles: Problème de la transition à l’étude sur langage chez Masakazu Nakaï (Première partie): autour du « Milieu » et du « Mittelglied »
Author: 門部, 昌志
Author's alias: MOMBE, Masashi
Issue Date: 23-Jan-2015
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 研究紀要
Volume: 15
Start page: 69
End page: 84
ISSN: 1883-8111
Abstract: 「委員会の論理」で知られる美学者中井正一は、1920年代後半、「カント第三批判序文前稿について」の後に「言語」を発表した。論文「言語」への移行はなぜ、どのように生じたのか。この問いの探求にあたっては、移行の前後を考慮する必要がある。本稿は、同時代の議論を参照しつつ、移行前の論考「カント第三批判序文前稿について」を中心に考察する。この論考で議論される中間概念としての技術(技巧)や中間者としての判断力は、基本的にはカント論の文脈でなされている。ただし、「中間者」やディアレクティクへの言及は、後の論文「言語」との接点と見なしうる。
Keywords: 中井正一
深田康算
三木清
中間者
ディアレクティク
URI: http://hdl.handle.net/10561/1192
Appears in Collections:第15巻

Files in This Item:

File Description SizeFormat
v15p69_monbe.pdf2.6 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library