DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
学長裁量研究成果報告 >
H28 佐世保校 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/1308

Title: 東アジアインフラ市場に内在する事業リスクと日本企業の課題
Author: 江崎, 康弘
Author's alias: EZAKI, Yasuhiro
Issue Date: 31-Mar-2017
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 学長裁量研究成果報告
Volume: 平成28年度
Issue: 佐世保校
Abstract: 中国の経済成長が減速傾向だが,ASEANの経済成長は継続している。 ASEANへの日本企業の対外直接投資は急伸し,至近の3年連続で毎年2兆円を超え,この期間での中国への累計額の2倍以上となった。国際ビジネスの経験豊富な筆者が,インフラ投資が活発で,何より日系企業の進出が盛んなベトナム,インドネシアおよびタイの3か国に赴き,日系企業幹部との聴き取り調査を行った内容を踏まえ,ASEAN3か国市場の現在(いま)を読み解き伝えるものである。
Keywords: ASEAN市場
生産年齢人口
東アジア新興企業
URI: http://hdl.handle.net/10561/1308
Appears in Collections:H28 佐世保校

Files in This Item:

File Description SizeFormat
H28佐_ezaki.pdf819.06 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library