DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
学長裁量研究成果報告 >
H28 佐世保校 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/1317

Title: 「しまなび」プログラムにおける地域住民を活用した学びの仕組みの開発
Author: 中島, 洋
Author's alias: NAKASHIMA, Hiroshi
Issue Date: 31-Mar-2017
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 学長裁量研究成果報告
Volume: 平成28年度
Issue: 佐世保校
Start page: 88
End page: 96
Abstract: 平成25年度に知(地)の拠点整備事業として採択された「長崎のしまに学ぶ」において、中心的役割となっている全学教育「しまなびプログラム」において、学生を主体的に学ばせる仕組みを確立させた。  この中で重要になってくるのが、「離島経験の無い学生」にどうやって離島のことを学習させるか、離島の課題を発見させ解決することを考えさせるか、である。  これまでに「地域住民」と「学生」とが協働し、解決する方法として、平成27年度に地域コーディネータを活用した学びの仕組み実施し、その成果を平成28年度の学習に取り入れてきた。  本研究では、この平成28年度版の実施を通して、学生主体でPBLを動かしながら地域課題の解決を図る方法論を進化させ、学生・コーディネータ・教員の三者の情報共有のあり方を確立する。
Keywords: しまなび
地域住民
学びの仕組み
Description: カラー図版あり
URI: http://hdl.handle.net/10561/1317
Appears in Collections:H28 佐世保校

Files in This Item:

File Description SizeFormat
H28佐_nakashima.pdf1.01 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library