DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
学長裁量研究成果報告 >
H29 佐世保校 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/1459

Title: フィリピンにおける囲郭居住システムが教えるもの
Author: 西岡, 誠治
Author's alias: Nishioka, Seiji
Issue Date: 31-Mar-2018
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 学長裁量研究成果報告
Volume: 平成29年度
Issue: 佐世保校
Start page: 23
End page: 36
Abstract:  世界レベルで進む移民の増大とテロの頻発を背景に、生活の安全に対して敏感になった人々が求める安心を確保できる居住地としてのゲーテッド・コミュニティのうち一戸建てを主とする囲郭居住システム(以下、「HGC」という。)が、1990年代からフィリピンとその旧宗主国である米国を始め世界で急速にその分布を拡大させていることが知られている。  本論では、1996年に調査・分析したHGCの国際分布を、20年の時を経て再調査を行うことにより、この間の環境変化が住宅地の安全管理にもたらした結果を次の2点に要約している。1)HGCは、20年前には一部の国々で見られる特異なシステムであったが、現在では一般化が進み、これを有する国が多数派となっている。2)有無に強い関連性が統計的に確認できていたその国の文化的特性が、指標として意味を持たなくなって、治安レベルや貧富の格差がより有意な存立要因となっている。
Keywords: ゲーティッド・コミュニティ
安全・安心
世界展開
Description: カラー図版あり
URI: http://hdl.handle.net/10561/1459
Appears in Collections:H29 佐世保校

Files in This Item:

File Description SizeFormat
H29佐4_nishioka.pdf1.07 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library