DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
学長裁量研究成果報告 >
H29 佐世保校 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/1470

Title: 納得感とは何か―主体的学びを後押しする心理学的概念を探る
Author: 橋本, 優花里
Author's alias: Hashimoto, Yukari
Issue Date: 31-Mar-2018
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 学長裁量研究成果報告書
Volume: 平成29年度
Issue: 佐世保校
Start page: 83
End page: 86
Abstract:  納得感とは、様々な他者とのやり取りの中で、学習の場や自身の状況を適切に意味づけ納得していく過程を指し、主体的学びの原動力と考えられている。  一方、学びという行動を動機づける心理的な感覚の一つに、講義への満足感がある。本研究では、学生が納得感や満足感をどのように捉えているのかの言語データを収集し、テキストマイニングを用いて両者の記述に含まれる語の違いを明らかにすることを目的とした。  分析の結果、いずれにおいても学んだことを理解した時に得られる感覚であることが示された。しかしながら、満足感では「テスト」や「結果」などの語が頻出されたことから、自身のアウトプットが有効であった時に得られる感覚であることが示された。  一方、納得感では「分かる」などの語が頻出されたことから、学んだことを自身の中にインプットし、分かるという感覚を得た時に生じることが示唆された。
Keywords: 納得感
満足感
主体的学び
Description: カラー図版あり
URI: http://hdl.handle.net/10561/1470
Appears in Collections:H29 佐世保校

Files in This Item:

File Description SizeFormat
H29佐15_hashimoto.pdf467.71 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library