DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
学長裁量研究成果報告 >
H29 シーボルト校 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/1492

Title: 地域社会における高度交通システム構築からメディア論へ新たな研究手法をもたらす 試み
Author: 森田, 均
森, 賢二
酒井, 寿美雄
田中, 隆二
Author's alias: MORITA, Hitoshi
Issue Date: 31-Mar-2018
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 学長裁量研究成果報告
Volume: 平成29年度
Issue: シーボルト校
Start page: 1
End page: 5
Abstract: 本研究は、地域社会への参画によってメディア論を拡張する可能性を探る試みである。 具体的には、情報社会論という研究分野、メディア関連の学部・学科という教育研究組織、そして研究者による社会貢献という新たな側面を対象として、自動車と道路の双方を情報通信によって制御することで移動や運搬の手段を安全性、経済性と環境に配慮した網(ネットワーク)へと変貌させた高度交通システム(ITS: Intelligent TransportSystem)の研究・教育と実践の手法を導入する。ITS研究への参与により導入のプロセスを検討し、長崎の地域ITSプロジェクトを主体的に推進することから政策提言へ至る実践を経て、これらをモデル化した上で評価し、研究手法、教育理念、社会参加の3つの観点からメディア論に新たな展望を得ることを目指す。
Keywords: ITS(高度交通システム)
まちづくり
公共交通
路面電車
Description: カラー図版あり
URI: http://hdl.handle.net/10561/1492
Appears in Collections:H29 シーボルト校

Files in This Item:

File Description SizeFormat
H29シ_morita.pdf768.76 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library