DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
学長裁量研究成果報告 >
H29 シーボルト校 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/1500

Title: 低強度の有酸素運動でも骨格筋量と筋力は増加するか -運動介入による検証-
Author: 飛奈, 卓郎
永山, 千尋
中江, 悟司
Author's alias: TOBINA, Takuro
NAGAYAMA, Chihiro
NAKAE, Satoshi
Issue Date: 31-Mar-2018
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 学長裁量研究成果報告
Volume: 平成29年度
Issue: シーボルト校
Start page: 1
End page: 4
Abstract: 本研究は中年男性を対象に低強度の有酸素性運動トレーニングが内臓脂肪の減少と同時に、骨格筋の肥大や筋パワーの向上効果が得られるのかを検証した。3ヶ月間の介入の結果内臓脂肪の有意な減少を認め、下肢筋量の増加は認めなかったものの、外側広筋の単位骨格筋当たりの下肢パワーが12.7%増加するとの結果を得た。骨格筋量の増加は筋パワーを規定する因子であることから、ロコモティブシンドロームの予防・改善のために骨格筋量の維持・増加を促すことが重要である。一方で、骨格筋量が増加しなくても発揮できる筋パワーが増加すれば身体機能は維持・向上される。 本研究では、低強度の有酸素性運動が内臓脂肪を減少させると同時に、下肢の筋パワー発揮を向上させ、延いてはロコモティブシンドロームの予防に有効である可能性を示した。
Keywords: ロコモティブシンドローム
介護予防
URI: http://hdl.handle.net/10561/1500
Appears in Collections:H29 シーボルト校

Files in This Item:

File Description SizeFormat
H29シ_tobina.pdf535.98 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library