DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
学長裁量研究成果報告 >
H29 シーボルト校 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/1506

Title: システム理論に基づくICT利活用プロジェクトのリスク低減化手法の研究
Author: 日下部, 茂
小松, 文子
加藤, 雅彦
荒木, 啓二郎
Author's alias: KUSAKABE, Shigeru
KOMATSU, Ayako
KATO, Masahiko
ARAKI, Keijiro
Issue Date: 31-Mar-2018
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 学長裁量研究成果報告
Volume: 平成29年度
Issue: シーボルト校
Start page: 1
End page: 2
Abstract: ICT技術の利活用がますます進み、種々の利便性が向上すると同時に、セキュリティも含め、従来にない多様な利用・接続形態に起因するリスクが増加しており、その対処のための方法論について研究を行った。個別の技術だけに注目すると、俯瞰的な問題が見えず、適切なリスクの評価が困難となる。システム理論に基づくアプローチをベースに様々な利害関係者による俯瞰的な分析も容易で、なおかつプロジェクトの具体化に応じて、それぞれの領域の専門家が厳密な分析を行うことが可能な、リスクの分析と低減方法の確立を目指し研究を行った。他学科や他大学の研究者と共同でセキュリティの問題や教育プロジェクトの課題に取り組み対外発表などの成果を上げた。
Keywords: システム理論
プロジェクト管理
リスク低減
URI: http://hdl.handle.net/10561/1506
Appears in Collections:H29 シーボルト校

Files in This Item:

File Description SizeFormat
H29シ_kusakabe.pdf393.86 kBAdobe PDFView/Open
H29シ_kusakabe.pdf393.86 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library