DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
学長裁量研究成果報告 >
H30 佐世保校 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/1553

Title: 観光資源としてのコンテンツの可能性についてのアクションリサーチ型研究~佐世保市における事例を中心に~
Author: 板垣, 太郎
Author's alias: Itagaki, Taro
Issue Date: 31-Mar-2019
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 学長裁量研究成果報告書
Volume: 平成30年度
Issue: 佐世保校
Start page: 20
End page: 28
Abstract:  本研究はコンテンツツーリズム(CT)の地域への影響、消費者・観光客のニーズに対応できる産官学連携のあり方を提示することを目的とする。既存研究はアニメ聖地巡礼等を地域活性化につなげた事例の分析や経済効果の測定に関する研究が多いが、CT推進過程の初期段階に焦点を当てた研究は多くない。  そこで30年度は、CT振興に着手して間もない長崎県佐世保市を事例に産官学関係者との連携でアクションリサーチを行い、今後の展望と課題を考察した。  佐世保市では、旧海軍鎮守府創設130周年を記念してコンテンツ『艦隊これくしょん』を活用した「鎮守府巡り」などのイベント開催、地元商店街との連携が図られ、観光客増加に寄与したことが確認できた。  しかし、行政や主催団体への調査の結果、他の地域資源や観光資源と結びつけた一過性ではない持続力ある運営組織の必要性、商品・サービス展開時にファンやコンテンツホルダーとの良好な関係構築が課題として明らかになった。30年度得られた成果を基に、より地域特性を精査し中長期的なCT推進のあり方を検証することが今後の課題である。
Keywords: コンテンツ
コンテンツツーリズム
アクションリサーチ
Description: カラー図版あり
URI: http://hdl.handle.net/10561/1553
Appears in Collections:H30 佐世保校

Files in This Item:

File Description SizeFormat
H30佐3_itagaki.pdf631.19 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library