DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
学長裁量研究成果報告 >
H30 シーボルト校 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/1641

Title: アクティブラーニングの価値評価とグループワーク指向性の能動的学習への影響
Author: 永峯, 卓哉
Author's alias: NAGAMINE, Takuya
Issue Date: 31-Mar-2019
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 学長裁量研究成果報告書
Volume: 平成30年度
Issue: シーボルト校
Start page: 1
End page: 4
Abstract: A大学看護学科学生を対象に,グループワークに対する感情やイメージ,個人特性について無記名自記式調査票を用いて調査・分析し,特にグループワーク指向性、対人関係ストレスと個人特性との関連性について検討した.対人ストレスイベント頻度とネガティブストレスコーピングには有意な負の相関があり,それらがグループワークに対する感情や指向性にも負の影響を与えていた.特に神経質傾向が強く,他の学生よりも自尊感情が低い学生では顕著であった.反対に,調和性が高く,コミュニケーションスキルにおいて,傾聴や共感,表出などができると自己評価している学生は,対人ストレス頻度が少なくポジティブなストレスコーピングをとり,グループワークが好きと回答していた. 対人ストレスイベントとストレスコーピングには,学年間で差があり,それぞれの学年で実施されているグループワークの内容や方法の経験が影響しており、それが指向性とも関連していると推察できた.
Keywords: グループワーク指向性
アクティブラーニング
ストレス
感情
URI: http://hdl.handle.net/10561/1641
Appears in Collections:H30 シーボルト校

Files in This Item:

File Description SizeFormat
H30シ nagamine.pdf289.72 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library