DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
学長裁量研究成果報告 >
H30 シーボルト校 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/1646

Title: 看護基礎教育課程における情報リテラシー獲得のためのアドバンストカリキュラムの開発
Author: 坂本, 仁美
Author's alias: SAKAMOTO, Hitomi
Issue Date: 12-Apr-2019
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 学長裁量研究成果報告書
Volume: 平成30年度
Issue: シーボルト校
Start page: 1
End page: 4
Abstract: 急速に情報化が進展し続けるわが国の保健医療福祉分野では、各専門職が情報リテラシーおよび情報倫理を備えることが必要である。しかし、「医療情報」とならび学問として教授の必要性のある「看護情報」の授業内容の大半がofficeソフトの操作に関することであり、社会の情報化の流れに対して教育内容が遅れている。そこで、本研究では、エレクティブ的位置づけにある「看護情報学」について全国の看護系大学の授業内容の分析を行い、授業データの到達目標を基に作成した看護情報能力尺度を用い、看護学生に調査を行った。結果、個人情報の保護やコンピューターの基礎的スキルについては獲得しているものの、情報セキュリティや情報システムに関することについては、低い値となった。また、学年間の差が顕著に表れたことから、学年ごとのコンピテンシーを作成しカリキュラムへ反映する必要性が示唆された。
Keywords: 看護情報学
コンピテンシー
URI: http://hdl.handle.net/10561/1646
Appears in Collections:H30 シーボルト校

Files in This Item:

File Description SizeFormat
H30シ sakamoto.pdf257.71 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library