DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
学長裁量研究成果報告 >
H30 シーボルト校 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/1648

Title: 住民主体型活動を行う高齢者の意識と活動過程
Author: 木村, チヅル
Author's alias: KIMURA, Chizuru
Issue Date: 12-Apr-2019
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 学長裁量研究成果報告書
Volume: 平成30年度
Issue: シーボルト校
Start page: 1
End page: 4
Abstract: 新総合事業のサービスに位置付けられた住民主体型活動を行っている高齢代表者を対象に、活動への意識と活動過程についてインタビュー調査を行った。活動開始時のきっかけや主体性への意識によって、活動スタッフの減少がみられた。しかし、活動を継続していく中で意識は変化し、「活動を継続する自信」「やりがい」「生きがい」「責任感」「地域の活性化への貢献」を感じていた。また、活動過程での困難として、「活動場所探し」と「活動内容」があった。住民主体型活動の活性化のためには、自治体が活動立ち上げ支援を行う際に住民主体型活動の支援であることを十分に説明すること、②階段昇降やトイレへの移動に配慮した活動場所の選定、③活動内容の情報提供や情報交換の機会を提供することが重要である。
Keywords: 住民主体型活動
高齢者の意識
活動過程
URI: http://hdl.handle.net/10561/1648
Appears in Collections:H30 シーボルト校

Files in This Item:

File Description SizeFormat
H30シ kimura.pdf245.63 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library