DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
学長裁量研究成果報告 >
H30 シーボルト校 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/1649

Title: 地域社会における高度交通システム構築からメディア論へ新たな研究手法をもたらす試み
Author: 森田, 均
Author's alias: MORITA, Hitoshi
Issue Date: 14-Dec-2018
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 学長裁量研究成果報告書
Volume: 平成30年度
Issue: シーボルト校
Start page: 1
End page: 5
Abstract: 本年度は、海外(コペンハーゲン:世界最大のITS学会・見本市「ITS世界会議2018」調査を含む)の地域公共交通現地調査を実施し、実験フィールドを長崎市と五島市、長与町に設定した。実施した内容は以下の5項目である。(①位置情報配信サービスの開始/継続:長与町、長崎市、五島市②現地調査:五島市現地調査、G空間expo2018調査、ITS世界会議調査③実証実験等:長崎電気軌道内、同既存機器メンテナンス④利用者意向アンケート収集:路面電車祭り(平成30年11月)⑤成果報告:ITSシンポジウム)また、SCOPEにおいて取得した装置を長崎市内で使用し、到達範囲を広げる実証実験を行った。本提案のシステムは、奈留島での運用を基本にしつつ、他地域でのテストや短期間の試用も可能であった。さらに、災害被害地への緊急出動も将来的には視野へ収めつつ開発を行う。
Keywords: ITS(高度交通システム)
まちづくり
公共交通
路面電車
Description: カラー図版あり
URI: http://hdl.handle.net/10561/1649
Appears in Collections:H30 シーボルト校

Files in This Item:

File Description SizeFormat
H30シ morita.pdf943.86 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library