DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
学長裁量研究成果報告 >
H30 シーボルト校 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/1656

Title: 精神障害をもちながら子育てをする利用者に対する訪問看護師の支援体制の構築
Author: 堂下, 陽子
高比良, 祥子
Author's alias: Doshita, Yoko
Takahira, Sachiko
Issue Date: 20-Aug-2019
Publisher: 長崎県立大学
Start page: 1
End page: 3
Abstract: 本研究の目的は、①精神障害をもちながら子育てをする利用者に対する訪問看護師の交流の場を設定すること、②複雑困難な事例への訪問看護の技術の共有と蓄積を図ること、 そして①②の活動が訪問看護師に対しどのような学びや成長をもたらすのかを明らかにし、訪問看護師への支援体制を提言することである。  研究者は上記の目的をもち、①に対して今年度も訪問看護師の交流会を4回(昨年度から合計8回)実施した。その中で、訪問看護師は訪問時に精神障害のある親と同居している子どもが不登校傾向にある場合に気がかりを感じ、子どもに家族看護を行う上で困難感を生じている状況があった。そのため本研究目的②として、今年度は子育て中の精神障害をもつ利用者への訪問看護時に、不登校傾向にある子どもに対し訪問看護師が感じる気がかりとケアを明らかにすることを目的に、交流会の話題提供者の事例の記録から、不登校傾向にある子どもに対して訪問看護師が感じる気がかりとケア内容を抽出し、意味内容の類似性に従い分類しカテゴリ化し、共同研究者で検討した。今年度の結果をもとに次年度につなげていく。
Keywords: 精神障害
子育て
訪問看護
URI: http://hdl.handle.net/10561/1656
Appears in Collections:H30 シーボルト校

Files in This Item:

File Description SizeFormat
H30シ_doshita.pdf161.54 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library