DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
学長裁量研究成果報告 >
H30 シーボルト校 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/1662

Title: 量子コンピュータに代表される量子情報処理の発展に向けた量子状態推定の構成方法の導出
Other Titles: A construction of state discrimination schemes for development of quantum information
Author: 吉田, 雅一
Author's alias: YOSHIDA, Masakazu
Issue Date: 1-Apr-2019
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 学長裁量研究成果報告書
Volume: 平成30年度
Issue: シーボルト校
Start page: 1
End page: 3
Abstract: 量子コンピュータや量子暗号に代表される量子情報処理では,その処理において意図した量子状態が準備されることが重要である.もし,雑音などの影響で意図した量子状態が準備されない場合,理論通りの処理を行うことができない.よって,準備された量子状態が意図した量子状態であるかを調べる量子状態推定が必要不可欠となる.量子状態推定として,SIC-POVMが最適な方法であることが知られている.しかし,SIC-POVMの理論的な構成方法は一般的には知られていない.本研究では,量子情報処理の今後のさらなる発展に向けて,比較的シンプルな方法(数学の言葉を使うとGram–Schmidt直交化法やユニタリ変換など)のみを用いて一般化SIC-POVMおよび量子ビット系におけるSIC-POVMの構成法を示した
Keywords: Quantum information
state discrimination
quantum measurement
URI: http://hdl.handle.net/10561/1662
Appears in Collections:H30 シーボルト校

Files in This Item:

File Description SizeFormat
H30シ_yoshida.pdf207.3 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library