DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
学長裁量研究成果報告 >
H31 シーボルト校 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/1674

Title: 五島つばき麹菌の創出と安全性に関する研究
Other Titles: Study on creation and safety of Koji mold isolated from camellia in Goto islands
Author: 松澤, 哲宏
横山, 智栄
井内, 智美
Author's alias: MATSUZAWA, Tetsuhiro
YOKOYAMA, Chie
INAI, Tomomi
Issue Date: 31-Mar-2020
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 学長裁量研究成果報告書
Volume: 平成31年度
Issue: シーボルト校
Start page: 1
End page: 4
Abstract:  長崎県ではこれまで県内で分離された新規有用発酵微生物を用いた発酵食品の開発が盛んに行ってきている。本研究では長崎県工業技術センターで分離した天然麹菌の候補となる株について①菌種同定、②安全性の評価、③既存の麹菌との比較の3つを行い、食品への利用が可能な五島つばき麹の確立を目指すことを目的とした。天然麹菌候補株29株についてβ-tubulin 遺伝子の塩基配列を決定し分子系統解析を用いて菌種同定を行った。その結果、Aspergillus flavus(25 株)、Aspergillus nomius(2株)、Aspergillus thomii(1 株)、Aspergillus tamarii(1 株)と同定された。 これら29株についてアフラトキシンの生合成遺伝子である、aflT, nor-1, aflR の3遺伝子の有無を PCR 法によって確認した。その結果、A. flavus 5 株および A. tamarii 1 株の計 6 株が安全性が高いと考えられ、五島つばき麹の候補として選出された。
Keywords: 麹カビ
五島つばき
アフラトキシン産生遺伝子
Description: カラー図表あり
URI: http://hdl.handle.net/10561/1674
Appears in Collections:H31 シーボルト校

Files in This Item:

File Description SizeFormat
H31シ_matsuzawa.pdf408.45 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library