DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
学長裁量研究成果報告 >
H31 シーボルト校 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/1686

Title: CBPRの中核要素を用いた地域づくりを行う住民の行動評価尺度開発
Other Titles: Development of Community Development Evaluation Scale for Residents Using Core Elements of CBPR
Author: 山谷, 麻由美
Author's alias: YAMAYA, Mayumi
Issue Date: 23-Mar-2020
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 学長裁量研究成果報告書
Volume: 平成31年度
Issue: シーボルト校
Start page: 1
End page: 5
Abstract: 目的:A県B市の地域づくり型の高齢者保健の活動を対象事例として,IsraelらによるCBPRの中核要素を枠組みに用いて分析し,地域づくり型の保健施策における,CBPRの枠組みによる評価の有効性を検討した(2年計画の1年目)。       方法:情報は研究者による厚生労働省科学研究費補助金報告書・論文・メモ等,市保健師の活動報告の写し,JAGESの「健康と暮らしの調査」結果から取得した。はじめにIsraelらによるCBPRの中核要素から要点を抽出して分析枠組みとし,取得情報から市保健師の活動・意図・判断,サポーターの活動・思考,サロンの影響,健康・生活課題の変化を収集した。 成果:B市の活動はCBPRの中核要素に分類され,9つの原則すべてを踏まえて実施された。特に,パートナーシップとエンパワメントの要素が強かったことが評価され,評価のプロセスへの市民参加の不足が明らかになった。CBPRの枠組みによる評価は地域づくり型地域保健活動の課題を洗い出し,効果を高めるポイントを明らかにする可能性が見出された。
Keywords: 地域づくり
評価尺度
住民
CBPR
URI: http://hdl.handle.net/10561/1686
Appears in Collections:H31 シーボルト校

Files in This Item:

File Description SizeFormat
H31_yamaya.pdf275.74 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library