DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
学長裁量研究成果報告 >
R4 シーボルト校 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/1977

Title: 中高年看護師の業務遂行上の困難に対する看護管理者の理解と組織的な支援の現状
Author: 山澄, 直美
Author's alias: YAMASUMI, Naomi
Issue Date: 31-Mar-2023
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 学長裁量研究成果報告書
Volume: 令和4年度
Issue: シーボルト校
Start page: 1
End page: 2
Abstract: 本研究の目的は、中高年看護師が加齢に伴い直面する業務遂行上の困難に対する看護管理者の理解と組織的な支援の現状を明らかにすることである。看護師の生涯を通した就業継続に向けては、新人看護師、出産・子育て世代支援に向けた制度の整備も実現しているが、加齢に伴い様々な身体的変化が生じる中高年看護師に向けた根拠に基づく支援の方法は提示されていない。研究者らは、中高年看護師の加齢による身体的変化に伴う業務遂行上の困難と困難への対処の内容を質的に解明した。解明した困難に対して、看護管理者がどの程度理解し、困難の克服に向けた組織的な支援がどの程度行われているかを明らかにすることは、困難を克服し、中高年看護師が健康を保ちながら就業を継続するために必要な方策を検討するための資料となる。研究計画では、看護管理者8名程度を対象に中高年看護師の業務遂行上の困難と対処に対する理解と組織的な支援の内容を面接法により聴取し、分析することとしていた。しかし、詳細な文献検討等を経て研究内容の変更が必要であることが確認されたため、研究内容を変更することとし、データ収集は実施しなかった。
Keywords: 中高年看護師
就業継続
組織による支援
URI: http://hdl.handle.net/10561/1977
Appears in Collections:R4 シーボルト校

Files in This Item:

File Description SizeFormat
R4シ_yamasumi.pdf179.78 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library