DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
学長裁量研究成果報告 >
R4 シーボルト校 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/1989

Title: 内因性カンナビノイドと生理的・心理的ストレスから見たランナーズ・ハイの発現条件の探索
Other Titles: Does physical and psychological stress affects exercise induced endocannabinoids production and runner's high.
Author: 飛奈, 卓郎
Author's alias: TOBINA, Takuro
Issue Date: 30-Mar-2023
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 学長裁量研究成果報告書
Volume: 令和4年度
Issue: シーボルト校
Start page: 1
End page: 4
Abstract:  本研究は、一緒に運動する人の有無と心理的なストレスの差がランナーズハイの発現に及ぼす影響を検討した。  女子学生10名に乳酸閾値強度の自転車運動を“一人”、“友人会話あり”、“友人会話なし”、“異なる学年で会話あり”の4条件で、30分実施してもらった。運動前と運動中に心拍数、主観的なきつさを評価し、同時に行った採血から血中の2-Arachidonoly Glycerol (2-AG: 体内で作られるマリファナ様物質でランナーズハイの原因物質とされている)を分析した。その結果、すべての条件で運動後に2-AGの増加を認めたが 、条件間で変化量に差はみられなかった。またΔ2-AGとΔ楽しさ、Δ高揚感に相関関係はみられなかった。運動条件別にみると、友人会話なしで楽しさの増加を認めず、友人会話ありで不快感の増加を認めなかった。「もう一度したいか」と、「運動後の楽しさ」、「体感時間」、「体感時間」と「運動後の楽しさ」に相関関係を認めた。
Keywords: 2-Arachidonoly Glycerol (2-AG)
乳酸閾値強度
運動のパートナー
URI: http://hdl.handle.net/10561/1989
Appears in Collections:R4 シーボルト校

Files in This Item:

File Description SizeFormat
R4シ_tobina.pdf475.92 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library