DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
国際情報学部研究紀要 >
第5号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/265

Title: ディジタル曲線の認識を目的とする平均重心距離法の提案
Other Titles: The Proposal of the Average Center of Gravity Distance Method to Recognize the Digital Curves
Author: 辺見, 一男
Author's alias: HEMMI, Kazuo
Issue Date: 20-Dec-2004
Publisher: 県立長崎シーボルト大学
Shimei: 県立長崎シーボルト大学国際情報学部紀要
Issue: 5
ISSN: 1346-6372
Abstract:  画像認識は応用分野が広く、非常に多くの手法が提案されてきた.本論文では、画像認識を行う際のパラメータとして,平均重心距離を定義し,これを用いてディジタル曲線の認識を行う手法を提案する.平均重心距離は計算回数が認識対象画像の画素数に比例し,極めて高速な認識が可能である.また,その原理上,正像だけでなく鏡像に対しても有効であるという特徴を有する.平均重心距離を用いた認識実験を行った結果,正像だけでなく,鏡像に対しても安定した認識結果が得られることが確認できた.
Keywords: 画像処理,画像認識,平均重心距離,ディジタル曲線
Description: 国立情報学研究所により電子化
URI: http://hdl.handle.net/10561/265
Appears in Collections:第5号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
v5p33_hemmi.pdf本文311.46 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library