DSpace DSpace 日本語

長崎県立大学学術リポジトリ >
国際情報学部研究紀要 >
第7巻 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/271

Title: 知識のモード論から「ムード論」への展開 - 創造的な e-Learning 環境デザインのための一考察 -
Other Titles: Design for "Mood" in Knowledge Creation: Challenges on the Development of an Interactive e-Learning Environment
Author: 河又, 貴洋
柳田, 多聞
永野, 哲也
伊藤, 憲一
Author's alias: YANAGIDA, Tamon
ITOH, Ken-ichi
NAGANO, Tetsuya
KAWAMATA, Takahiro
Issue Date: 20-Dec-2006
Publisher: 県立長崎シーボルト大学
Shimei: 国際情報学部紀要
Volume: 7
Start page: 55
End page: 67
ISSN: 1346-6372
Abstract: 情報通信技術の発達に伴い、双方向による遠隔教育システムの実用化が高等教育機関において進められてきている。このような現状を踏まえ、高等教育における学習及び研究環境整備の一環として遠隔教育システムをどのように構築すべてきかを、学習研究プロセスにおける実体験の共有の観点から捉えるとともに、社会心理学の知見を踏まえ、知識のモード論を超えた「ムード論」への新たな展開を射程に置きながら、教育研究者間の知識創造に臨む一体感醸成の問題ーコミュニケーションを通じた「認識論的情報」と「存在論的情報」との複合的学習環境構築の必要性ーを議論する。
Keywords: e-Learning, Interactive Design, Network & Community of Practice, "Mode" to "Mood", Shared awareness
Description: 国立情報学研究所により電子化
URI: http://hdl.handle.net/10561/271
Appears in Collections:第7巻

Files in This Item:

File Description SizeFormat
v7p55_kawamata.pdf本文1.26 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.


Nagasaki Prefectural University attached library