DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
国際情報学部研究紀要 >
第6号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/285

Title: 画像処理を用いた島原手延べ素麺の品質管理に関する研究
Other Titles: A Study on QC of SHIMABARA Silver Line Noodle Using Image Processing
Author: 辺見, 一男
Author's alias: HEMMI, Kazuo
Issue Date: 20-Dec-2005
Publisher: 県立長崎シーボルト大学
Shimei: 県立長崎シーボルト大学国際情報学部紀要
Issue: 6
ISSN: 1346-6372
Abstract:  島原手延べ素麺の品質管理の一環として,完成した素麺の画像をディジタルカメラで撮影し,この画像を処理することによって異物が混入した素麺の検出を行う方法について提案する.また,混入した異物の場所を特定するために、異物と生地の間の明度判定基準を算出する方法についても提案を行う. 合計100サンプルをテストデータとして用い,良品判定実験では100%の検出率を,異物位置の検出実験では97%の検出率を得ることができ,本稿で提案する手法の有効性が確認できた.
Description: 国立情報学研究所より電子化
URI: http://hdl.handle.net/10561/285
Appears in Collections:第6号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
v6p27_hemmi.pdf本文650.93 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library