DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
国際情報学部研究紀要 >
第11巻 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/676

Title: 長崎県固有種(亜種)にとってのlocality ―ツシマヤマネコの保護を中心に―
Other Titles: “Locality” for Endemic Species Subspecies in Nagasaki: Protection for Tsushima Leopard Cat as the Model
Author: 福島 , 涼史
Author's alias: FUKUSHIMA, Ryoshi
Issue Date: 17-Dec-2010
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 研究紀要
Volume: 11
Start page: 37
End page: 54
ISSN: 1883-8111
Abstract: ツシマヤマネコの保護を中心に考察することにより,長崎県固有種(亜種)にとって のlocality の意義を明らかにし,また,それらの保護に明確な「論理」(目的,理念,法 理)を提示しようとする。前半は,生物多様性という概念を核として,保護の法的根拠 や保護する主体の分析を行い,後半は,ツシマヤマネコ,特に,その「価値」について 具体的な検証を行う
Keywords: 生物多様性,生物多様性条約,種の保存法,絶滅危惧種,ツシマヤマネコ
URI: http://hdl.handle.net/10561/676
Appears in Collections:第11巻

Files in This Item:

File Description SizeFormat
v11p37_fukushima.pdf83.77 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library