DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
国際情報学部研究紀要 >
第11巻 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/677

Title: 「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の射程
Other Titles: The Scope of “Churches and Christian Sites in Nagasaki”: The Significant Process toward the Inscription
Author: 福島, 涼史
Author's alias: FUKUSHIMA, ryoshi
Issue Date: 17-Dec-2010
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 研究紀要
Volume: 11
Start page: 55
End page: 72
ISSN: 1883-8111
Abstract: 「世界遺産一覧表」への登録推進は,オリンピックの誘致などとは全く異なる。法的に は,登録されずとも,その対象が世界遺産に属すとみなしえるからである。それにもか かわらず,対象への理解,説明の精緻化ということを鍵として,登録推進を行うことに は,固有の意義がある。このことを世界遺産条約の成り立ちと構造に照らして,論じる。
Keywords: 世界遺産条約,UNESCO,文化財保護法,長崎県,世界遺産登録推進
URI: http://hdl.handle.net/10561/677
Appears in Collections:第11巻

Files in This Item:

File Description SizeFormat
v11p55_fukushima.pdf78.25 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library