DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
国際情報学部研究紀要 >
第11巻 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/685

Title: 華北農村における国家権力と看青慣行
Other Titles: The State Power and the Custom of Kan Qing in North China Rural Area
Author: 祁, 建民
Author's alias: QI, Jianmin
Issue Date: 17-Dec-2010
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 研究紀要
Volume: 11
Start page: 249
End page: 257
ISSN: 1883-8111
Abstract: 本稿は『中国農村慣行調査』と1990年代の再調査の資料を利用して,近現代華北農村 における看青慣行から国家権力の働きについて考察してみたい。筆者は村落における国 家権力に対して,国家側の面のみから考えるのは不完全だと思っており,村側の理由か らも考えるのが必要だと考える。村落の社会結合において国家権力の受け皿が存在する かどうかが問題である。農村社会の看青慣行から,基層社会における国家権力の存在を 再検討した試みである。看青慣行は当初村民の間の協力行動であった。その後に村落全 体の行動となったのである。こうした過程においては村落エリートが看青を組織して, 村政の一部にさせた。しかし,看青と権力との関係はこれだけではなく,沙井村の看青 の形成過程の変化に示されるように,国家権力が介入したことも証明される。
Keywords: 国家権力,看青,共同体,慣行
URI: http://hdl.handle.net/10561/685
Appears in Collections:第11巻

Files in This Item:

File Description SizeFormat
v11p249_qi.pdf45.92 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library