DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
国際情報学部研究紀要 >
第12号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/698

Title: 「人間の安全保障」概念の国家論へのインパクト ―国家と人間の二元論に対して―
Other Titles: The lmpact of "Human Security" Concept on State Theories ― Against the Dualism of State and Human―
Author: 福島, 涼史
Author's alias: FUKUSHIMA, Ryoshi
Issue Date: 22-Dec-2011
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 研究紀要
Issue: 12
Start page: 39
End page: 49
ISSN: 1883-8111
Abstract: 「人間の安全保障」概念の平和論,及び,国家論へのインパクトを,概念を理論的に整序しつつ,論じる。ポジティブなインパクトとして,人権からのアプローチを補完し核兵器使用を禁止しえること,ネガティブなインパクトとして,軍事的な人道的介入の根拠となりえることを指摘する。これらを通じて,「国家」と「人間」を対峙させる理論的傾向を批判的に検討し,「人間の安全保障」概念の4段階を提示しつつ,国家理論の再論を導く。
Keywords: 「人間の安全保障」,平和論,人道的介入,フランシスコ・デ・ビトリア
URI: http://hdl.handle.net/10561/698
Appears in Collections:第12号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
v12p39_fukushima.pdf171.4 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library