DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
国際情報学部研究紀要 >
第14巻 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/964

Title: 宮澤内閣とアジア
Other Titles: The Miyazawa Cabinet and Asia
Author: 李, 炯喆
Author's alias: LEE, Hyong Cheol
Issue Date: 15-Jan-2014
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 研究紀要
Volume: 14
Start page: 77
End page: 87
ISSN: 1883-8111
Abstract:  宮澤喜一と言えば、戦後日本の政治外交と経済に深くかかわった戦後史の証人である。占領から経済摩擦にいたる対米関係のみならず、アジアの隣国とも深く関わっていて、教科書問題の際の近隣諸国条項、PKO 協力法、従軍慰安婦問題(河野談話)、新宮澤構想などの決定と政策を打ち出した。そのため、毀誉褒貶相半ばする異色の保守政治家である。首相としての評価は高くないが、宮澤の政治活動には並の保守政治家とは異なる戦前の意識、自由主義、アジア認識が通底している。決して弱腰、優柔不断のせいではなく、彼の信念に由るものである。
Keywords: 戦後史の証人
異色の保守本流政治家
PKO 協力法
新宮澤構想
URI: http://hdl.handle.net/10561/964
Appears in Collections:第14巻

Files in This Item:

File Description SizeFormat
v14p77_lee.pdf764.78 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library