DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
東アジア評論 >
第3号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/1032

Title: 中国企業による対日リバース型の対外直接投資の動因と行方の分析 ―蘇寧電器会社に基づく実例分析
Other Titles: Research on the FDI motivation and trends of Reverse type of business to Japan -based on the Case of Suning Appliance M & A LAOX
Author: 衣, 長軍
苗, 権芳
Author's alias: YI, Changjun
MIAO, Quanfang
Issue Date: 31-Mar-2011
Publisher: 長崎県立大学 東アジア研究所
Shimei: 東アジア評論
Issue: 3
Start page: 31
End page: 39
ISSN: 1883-6712
Abstract: 経済グローバル化の進展に伴い、対外直接投資は先進国のみの行為だけではなく、リバース型対外直接投資がすでに発展途上国における対外投資の重要な形となっている。本論文は蘇寧電器会社が日本LAOX会社を買収することの研究を通じて、合弁後創造的な資産の獲得と解決するべき問題を分析し、中国企業は対日リバース型の対外直接投資の動因啓示及びこれからの行方を展望する。
Keywords: 対日投資
リバース型対外直接投資
動因
行方
蘇寧電器
URI: http://hdl.handle.net/10561/1032
Appears in Collections:第3号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
v3p31_yi.pdf212.7 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library