DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
東アジア評論 >
第3号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/1040

Title: 関税撤廃による農業部門への影響 -EPA・FTA・TPPによって農業部門は衰退するのか-
Other Titles: Effects on The Agriculture Sector by Abolition of Tariffs -Does the Agriculture Sector Decline by EPA・FTA・TPP?
Author: 矢野, 生子
Author's alias: YANO, Ikuko
Issue Date: 31-Mar-2011
Publisher: 長崎県立大学 東アジア研究所
Shimei: 東アジア評論
Issue: 3
Start page: 129
End page: 141
ISSN: 1883-6712
Abstract: TPPの実施によって、資本集約国である日本では、資本集約的な工業部門(第二次産業)において関税撤廃による貿易の輸出の拡大によりプラス効果が期待されているが、労働集約的な農林水産部門(第一次産業)では壊滅的なマイナス効果を生じると懸念され、農業界がTPP参加に対して猛反対の立場を取る根拠となっている。 もし、現在全農家の4分の3以上を示している兼業農家を専業化することによって農業をより効率させた場合、農業部門において生じた余剰な生産要素(土地・労働・資本)を他の部門に配分することが可能となる。このことにより第一次産業だけでなく、製造業を主とする第二次産業とサービス業を主とする第三次産業に及ぼす影響について貿易理論モデルを用いて考察する。
Keywords: TPP
リプチンスキー
ストルパー・サミュエルソン
兼業農家
専業農家
土地
URI: http://hdl.handle.net/10561/1040
Appears in Collections:第3号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
v3p129_yano.pdf110.44 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library