DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
国際社会学部研究紀要 >
第1巻 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/1231

Title: COC(1)先進事例における、フィールドワーク活動困難者への対応措置について
Other Titles: About correspondence measures to a eldwork active di cult person in a COC forward case
Author: 関谷, 融
Author's alias: SEKIYA, Toru
Issue Date: 28-Dec-2016
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 研究紀要
Issue: 1
Start page: 95
End page: 107
ISSN: 2432616X
Abstract: 長崎県立大学では、大学COC事業に伴い、平成27年度入学生から、前期15回の講義と、8・9月期における4泊5日の実地実習形式の授業の組み合わせによる「長崎のしまにまなぶ」をスタートさせた。地域振興及び地域の抱える課題に関する理解とその解決を志向した取り組みであることを謳い、国際情報学部及び国際社会学部ではこれを1年次前期の全学教育必修科目として設定している。  本研究は、集団活動困難者(本学のCOC実地実習プログラムは宿泊を伴う離島エリアでの実施のため)に対する代替プログラムの案例及び適用要件を検討するために、COC採択された大学でフィールドワーク(インターンシップをCOCとしているものを含む)を必修としている事例において、上記懸案がどのように処置されているかを調査し、「代替活動」の運用・再設計に向けた知見を得ることを目的とした。
Keywords: COC
集団活動困難
並行実施
URI: http://hdl.handle.net/10561/1231
Appears in Collections:第1巻

Files in This Item:

File Description SizeFormat
v1p95_sekiya.pdf1.13 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library