DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
看護栄養学部紀要 >
第15巻 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/1262

Title: 看護基礎教育における「看護の倫理」授業展開
Other Titles: Class Development of “Ethics in Nursing” in Basic Nursing Education
Author: 松本, 幸子
Author's alias: MATSUMOTO, Sachiko
Issue Date: Mar-2017
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 長崎県立大学看護栄養学部紀要
Volume: 15
Start page: 33
End page: 40
ISSN: 18841759
Abstract: 看護は人の命や人生に深く関わる専門職であり、その対象者とは命や生活がおびやかされる体験 の中で出会う。看護職は専門職として法的、倫理的な社会規範の中で看護を実践する。文部科学省 は学士課程における看護基礎教育においてヒューマンケアの基本に関わる基礎的能力や学習内容、 卒業時到達目標を示し、倫理に関する学習が含まれている。各看護領域の看護では、対象、ケア提 供の場の特性等に関する倫理について学習するため、本稿では4年次後期の「看護の倫理」の授業 科目の展開について紹介する。「看護の倫理」では、看護倫理に関する基本的な知識を学習すると ともに、倫理的問題に対する問題解決のためのアプローチの方法を学ぶ。生命倫理に関する内容、 看護職に関する倫理規定等について学習し、倫理的アプローチとして徳の倫理、正義の倫理、ケア の倫理の考え方を相補的に活用しながら、倫理的問題の解決の方向を考える事例検討を行う構成で ある。平成28年度カリキュラム変更に向け「看護の倫理」の学習内容、課題を検討した。
Keywords: 看護倫理
倫理規定
倫理的アプローチ
倫理事例の検討
URI: http://hdl.handle.net/10561/1262
Appears in Collections:第15巻

Files in This Item:

File Description SizeFormat
v15p33_matsumoto.pdf721.3 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library