DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
国際社会学部研究紀要 >
第2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/1276

Title: 英語で話そう:オーラルコミュニケーションのクラスにおける、日本人大学生の英語利用について
Other Titles: Let’s speak English: A survey of Japanese university students’ use of the L2 in oral communication courses
Author: メイソン, シャネン
Author's alias: MASON, Shannon
Issue Date: 22-Dec-2017
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 研究紀要
Volume: 2
Start page: 17
End page: 27
ISSN: 2432-616X
Abstract:  日本の学校において英語カリキュラムにオーラルコミュニケーション(OC)に焦点が当てられていないことが長年に懸念されている。その結果、義務として専門のOCのコースが大学で最近普及してきている。OCのコースのあり方は、大学生と大学教育者にとって重要な課題である。そのため、本稿ではアクション・リサーチを用いて、OCの6つのクラスにおける日本人大学生の英語利用について議論する。英語利用は、専門分野、学年、そしてタスクの評価による影響を与えている。学生の英語力が不足しているときに、様々な補償ストラテジーを使い、英語利用に役立てようとしても、かえって英語利用を妨げたこともあった。このような観点から、本稿では、今後のOCのコース発展への示唆が議論される。
Keywords: 英語教育学
オーラルコミュニケーション
補償ストラテジー
English pedagogy
Oral communication
Language Learning Strategies
URI: http://hdl.handle.net/10561/1276
Appears in Collections:第2号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
v2p17_mason.pdf1.31 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library