DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
国際社会学部研究紀要 >
第2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/1279

Title: EV時代の中国における自動車メーカーの競争戦略
Other Titles: Five Forces Model under One Policy1
Author: 小原, 篤次
Author's alias: OHARA, Atsuji
Issue Date: 22-Dec-2017
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 研究紀要
Volume: 2
Start page: 59
End page: 67
ISSN: 2432-616X
Abstract:  中国は2009年以降、生産および販売で、世界第1位にあり、中国は生産で日本の3倍、販売で日本の5.7倍の巨大な自動車産業を形成している。中国の自動車産業の近代化は、1978年の改革開放後、ドイツのフォルクスワーゲン(VW)にアプローチして、上海に誘致に成功したことで本格化していく。進出が遅れた日系メーカーは安全性、機能性、アフターマーケットなどで挽回を図りつつあるものの、フォルクスワーゲンのような市場のリーダーにはなれないでいる。先進国の競争的な市場との違いは、中国政府による政策変更リスクである。中国政府は外資系メーカーの技術力に期待を寄せながらも、合弁会社の比率は過半数を中国企業とする外資規制を続けている。こうしたなかで、中国企業も技術力を高めてきた。中国は電気自動車(EV)をはじめとする新エネルギー車について、10%以上の生産・販売を義務づける新たな環境規制を2019年から導入することを決めた。マイケル・ポーターの競争戦略の分析アプローチに政策要因も加えFive Forces Model under One Policyとして、中国自動車市場の競争戦略の変遷を跡付け、2049年までの将来までが図示している。
Keywords: 排ガスゼロ規制
電気自動車
Five Forces Model
URI: http://hdl.handle.net/10561/1279
Appears in Collections:第2号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
v2p59_ohara.pdf1.49 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library