DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
国際社会学部研究紀要 >
第2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/1284

Title: 高等学校における道徳教育の構造と内外連携研修の実際
Other Titles: The structure of moral education in high schools and teacher inside and outside partnership training
Author: 中島, 洋
関谷, 融
Author's alias: NAKASHIMA, Hiroshi
SEKIYA, Toru
Issue Date: 22-Dec-2017
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 研究紀要
Volume: 2
Start page: 113
End page: 126
ISSN: 2432-616X
Abstract:  周知のように、教育基本法第13条において、学校、家庭及び地域住民等の相互の連携協力の必要性が語られている。(1)高等学校について道徳教育は、中学校のように教科として設定されているわけではないが、平成21年3月に改訂された『高等学校学習指導要領』(以下、『指導要領』と略)(2)の第1章総則第1款及び『高等学校学習指導要領解説 総則編』(以下、『解説』と略)(3)第3章第1節2で詳細に語られている。そこで本論文では『解説』を繙いて記述内容と構造を確認する一方、長崎県の現場ではこれにどのように対応したかをみることにした。後者については、改訂を受けてその翌年度に実施された「高等学校初任者研修・若手研修」の実際を示すこととするが、本論文の執筆者である中島らが構成し編纂した『手引書』をその典拠とした。(4)
Keywords: 道徳教育
学習指導要領
教師の役割
内外連携
URI: http://hdl.handle.net/10561/1284
Appears in Collections:第2号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
v2p113_nakashima.pdf1.9 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library