DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
国際社会学部研究紀要 >
第2号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/1286

Title: 大学生による「持続可能な開発」のイメージ: 初等・中等教育における「総合的な学習の時間」の指導の指針として
Other Titles: University students’ Image of sustainable development: a future perspective of the integrated learning period in elementary and secondary education
Author: 植木, 岳雪
関谷, 融
Author's alias: UEKI, Takeyuki
SEKIYA, Tohru
Issue Date: 22-Dec-2017
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 研究紀要
Volume: 2
Start page: 141
End page: 154
ISSN: 2432-616X
Abstract:  長崎県立大学シーボルト校における「自然地理学」の授業において、受講者に「持続可能な開発」に関するアンケート調査を行った。持続可能な社会にするために個人、大学、地域、国家、世界でできることを、自分で考えて、自由に記述してもらった。受講者からはさまざまな空間と集団のスケールで、多様な内容や具体例が挙げられた。大学生による「持続可能な開発」のイメージは、初等・中等教育における「総合的な学習の時間」において、「持続可能な開発のための教育」(ESD)の学習や活動のテーマとすることができる。
Keywords: 自然地理学
持続可能な開発
持続可能な開発のための教育(ESD)
総合的な学習の時間
アンケート調査
URI: http://hdl.handle.net/10561/1286
Appears in Collections:第2号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
v2p141_ueki.pdf7.28 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library