DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
看護栄養学部紀要 >
第16巻 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/1326

Title: 精神看護学演習のロールプレイ体験による学習効果と 教育上の課題 ~視聴覚教材による振り返りに焦点をあてた検討~
Other Titles: Learning effects and subjects on education by role play experience of psychiatric and mental health nursing practice ; A study focusing on reflection by audiovisual teaching materials
Author: 重富, 勇
堂下, 陽子
Author's alias: SHIGEDOMI, Isamu
DOSHITA, Yoko
Issue Date: Mar-2018
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 長崎県立大学看護栄養学部紀要
Issue: 16
Start page: 11
End page: 17
ISSN: 1884-1759
Abstract: 目的:看護学生が精神看護学のロールプレイ演習における自らの援助的コミュニケーション場面の映像を通 して振り返ることによる学びを明らかにし、教育上の課題について検討すること。 方法:ロールプレイを体験した学生の記録よりデータを抽出し内容別にカテゴリ化を行った。 結果および考察:学生の学びは、【学生が問題と捉える態度】、【自分の改善点と課題】、【評価が良かった学 生の気づき】、【学生と患者との相互的な影響 】の4つが抽出された。その学びは、自分の表情や視線、話し 方や動作といった【学生が問題と捉える態度】に気づき、その態度は【学生と患者との相互的な影響 】が あることや、【自分の改善点と課題】として意識できていた。学生はその改善点と課題を意識して次のロー ルプレイを行うことで【評価が良かった学生の気づき】につながっていた。 教育上の課題としてグループでの振り返り時に、映像視聴による自己の気づきと観察役や患者役からの フィードバックを統合させた自己評価ができるよう指導することや、教員を含めた全体振り返り時に、映像 を使って状況や状態に合わせた効果的な介入についてのディスカッションを取り入れることも有効と考えら れた。
Keywords: 看護学生
精神看護学
ロールプレイ
映像
URI: http://hdl.handle.net/10561/1326
Appears in Collections:第16巻

Files in This Item:

File Description SizeFormat
v16p11_shigedomi.pdf4.17 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library