DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
国際社会学部研究紀要 >
第3号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/1476

Title: メディア論と実践理論
Other Titles: Media Theory and Practice Theory
Author: 門部, 昌志
Author's alias: MOMBE, Masashi
Issue Date: 28-Dec-2018
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 国際社会学部研究紀要
Issue: 3
Start page: 13
End page: 23
ISSN: 2432616X
Abstract: 本稿では、N. クールドリーの『メディア、社会、世界』(2012)を出発点として、今日のメディア論を考える上で重要な点を確認しつつ、実践理論とメディア論の接合を模索する。本稿ではまず、非メディア中心的な、社会指向のメディア論について述べ、メディア論のピラミッドないし四面体を通じて、メディア論内部における位置づけを確認する。 さらに、メディアの効果がもたらされる社会と世界の関係やメディアそれ自体の概念についても検討する。次に、新たな理論的枠組みとしてクールドリーが依拠するシャツキの実践理論を紹介し、実践の定義や分散的実践並びに統合的実践について述べる。最後に、これらの議論を前提とした上で、メディア論と実践理論を相互に架橋する道を模索する。
Keywords: 社会指向のメディア論
実践理論
分散的実践
統合的実践
URI: http://hdl.handle.net/10561/1476
Appears in Collections:第3号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
v3p13_mombe.pdf1.27 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library