DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
東アジア評論 >
第11号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/1533

Title: エネルギー転換を通じた質的社会経済転換―日中間の競争的連携・協力の勧め―
Other Titles: The Qualitative Socio-economic Conversion through the Conversion of Energy:A Recommendation of Competitive Collaboration and Cooperation between Japan and China
Author: 伊藤, 昭男
Author's alias: ITO, Akio
Issue Date: 31-Mar-2019
Publisher: 長崎県立大学東アジア研究所
Shimei: 東アジア評論
Issue: 11
Start page: 107
End page: 117
ISSN: 1883-6712
Abstract: 本稿の目的は、今後日中が質的社会経済発展のためにいかなるパラダイム転換を通じて再生可能エネルギーに取り組んでいくべきか、また、その際、日中両国が補完性の観点からいかなる連携・協力を進めていくべきかについて考察することである。結果として、今後、日中両国はともに地方の実状にあった小規模かつ適正技術に沿った分散型再生可能エネルギーの創造を通じて社会経済生活の質的改善を図るべきであることを明らかにした。また補完性の観点から日中における連携・協力のあり方を、具体例を含めて示した。
Keywords: 質的社会経済発展
分散型再生可能エネルギー
日本と中国
URI: http://hdl.handle.net/10561/1533
Appears in Collections:第11号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
v11p107_ito.pdf1.03 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library