DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
国際社会学部研究紀要 >
第4号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/1575

Title: 仁川における植民地期の近代化とその後
Other Titles: Modernization of Incheon in the colonial period and after that
Author: 李, 炯喆
Author's alias: LEE, Hyongcheol
Issue Date: 22-Dec-2019
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 研究紀要
Issue: 4
Start page: 33
End page: 41
ISSN: 2432616x
Abstract: 植民地期の近代化について様々な認識と論点があり、日韓両国間だけでなく韓国内でも対立している。その史実究明のため、 19 世紀末から発展した仁川を対象にして検証する。植民地朝鮮の一地域に過ぎない仁川を対象にするだけで正確な分析にならないことは周知のことであり、さらに、仁川-朝鮮-日本と日本帝国経済圏 満州国・中国 という全体的な脈 絡から見るべきであるが、仁川だけでも植民地期近代 化 の実態を把握できる 小さな手がかりになる。
Keywords: 植民地期の近代化
戦前・戦後の仁川
植民地期の遺産の連続性と断絶
Appears in Collections:第4号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
v4p33_lee.pdf383.9 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library