DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
国際社会学部研究紀要 >
第4号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/1578

Title: 教職課程における学修理解を促す「構図」としての学習指導要領 -「総合的な探求の時間 目標、各学校において定める目標及び内容 」
Other Titles: A course of study as "the composition" to promote the study repair solution in the teacher-training course ("Period for Inquiry-Based Cross-Disciplinary Study- Overall Objectives, Objectives and Content Set Forth by Each School")
Author: 関谷, 融
Author's alias: SEKIYA, Toru
Issue Date: 22-Dec-2019
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 研究紀要
Issue: 4
Start page: 59
End page: 68
ISSN: 2432616x
Abstract: 『学習指導要領』には、児童・生徒の「理解」「技能」の「構図」が示されている一方、『解説編』においてはそれらを達成するための指導法が展開されている。本稿では、平成30年に改訂・告示された「総合的な探求の時間」の「特質」「目標」「各学校において定める目標及び内容」の構造を理解し、教職課程における学修の「構図」として捉え直すというストラテジーの下、それらの主要部分を把握することを試みた。その際、取り扱う箇所について生成される図(概念地図)の具体例を示し、学習指導要領及び『解説編』原文と対照させた。なお、ここで用いた概念地図化は、『解説編』の「4 考えるための技法の活用」で示された、「考えるための技法」のうち「「関連付ける」を可視化する方法の具体例でもある。
Keywords: 総合的な探求の時間
「特質」
指導方法
可視化
URI: http://hdl.handle.net/10561/1578
Appears in Collections:第4号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
v4p59_sekiya.pdf985.84 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library