DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
国際社会学部研究紀要 >
第5号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/1710

Title: 「集団的思考と危機Ⅰ——1930年代の中井正一」
Other Titles: Collective thought and crisis:Masakazu NAKAI in 1930's
Author: 門部, 昌志
Author's alias: MOMBE, Masashi
Issue Date: 22-Dec-2020
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 研究紀要
Issue: 5
Start page: 24
End page: 33
ISSN: 2432616x
Abstract: 本稿は、機能概念を中心として、一九三○年から一九三○代半ばに至る中井正一の軌跡を再構成するものである。中井は、機能概念の摂取により、関係論的思考や形而上学的区別への批判を導入する。機能概念をめぐる探求は、集団論へと展開するが、集団における共同性や逆関係的否定性なども言及される。集団をめぐる探求は、思想的危機における芸術の動向の考察を通じて深化する。
Keywords: 機能概念
集団
危機
URI: http://hdl.handle.net/10561/1710
Appears in Collections:第5号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
v5p24_mombe.pdf733.34 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library