DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
国際社会学部研究紀要 >
第5号 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/1717

Title: ビザンツ帝国の東西分断 第二部 教皇庁のビザンツ帝国財政組織からの分離
Other Titles: The Separation of Papacy from The Byzantine Financial Organization
Author: 竹部, 隆昌
Author's alias: TAKEBE, Ryusho
Issue Date: 22-Dec-2020
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 研究紀要
Issue: 5
Start page: 104
End page: 114
ISSN: 2432616x
Abstract: 第一部で述べたローマ教皇グレゴリウス二世が築いた財力に立脚した対ランゴバルド自衛体制が、ビザンツ皇帝レオン三世によるシチリア・カラブリアでのローマ教会財産没収によって徐々に崩壊して行く過程と、自衛が限界に達して初めて教皇はフランク王国と同盟を結んだ経緯について考察した。
URI: http://hdl.handle.net/10561/1717
Appears in Collections:第5号

Files in This Item:

File Description SizeFormat
v5p104_takbe.pdf726.95 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library