DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
看護栄養学部紀要 >
第20巻 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/1812

Title: がんと共に生きる長崎原爆被爆高齢者の健康観 - ライフストーリー・インタビューから -
Other Titles: Health perspectives of Nagasaki elderly atomic bomb survivor living with cancer - From the life story interview -
Author: 吉田, 恵理子
Author's alias: YOSHIDA, Eriko
Issue Date: Mar-2022
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 長崎県立大学看護栄養学部紀要
Volume: 20
Start page: 75
End page: 81
ISSN: 18841759
Abstract: 本研究の目的は、A 氏の語るライフストーリーから、がんを持ちながら生きる長崎原爆被爆高齢者の「健 康観」を明らかにすることである。長崎で原爆被爆体験のある高齢者で、がんを持ちながら生活している A 氏を研究参加者とした。結果、A 氏のライフストーリーで語られた「健康観」のアウトラインは【感情 を凍結させることで正常を保つ】【がんに対する拭えない予期不安】【子や孫への健康への影響を心配する】 【原爆で死ななかった意味を問いながら生きる】の4 つで構成された。またA 氏のライフストーリーの中 で一貫して語られていた「健康観」のテーマは、『生かされながら生きる』であった。A 氏の「健康観」は、 被爆といったあまりにも衝撃的な出来事から、【感情を凍結させることで正常を保つ】といった防衛機能を 働かせる中で、放射線の影響による【がんに対する拭えない予期不安】【子や孫への健康への影響を心配す る】ことを体験しながら、【原爆で死ななかった意味を問いながら生きる】といった、生きる意味の問いに つながるものであったことが示唆された。そして、それらは一貫して『生かされながら生きる』というこ とを軸に意味づけられていたと考える。
Keywords: 健康観
長崎原爆被爆者
高齢者
がん
ライフストーリー
URI: http://hdl.handle.net/10561/1812
Appears in Collections:第20巻

Files in This Item:

File Description SizeFormat
v20p75_yoshida.pdf6.19 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library