DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
看護栄養学部紀要 >
第21巻 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/2011

Title: 『フィッシュ哲学』推進による職場環境改善への検討 ―サンキューカードの内容の分析より―
Other Titles: Consideration for Improving the Work Environment by Promoting " Fish Philosophy" From the Analysis of the Contents of Thank-you Cards
Author: 貞方, 三枝子
高比良, 祥子
小渕, 美樹子
Author's alias: SADAKATA, Mieko
TAKAHIRA, Sachiko
KOBUCHI, Mikiko
Issue Date: Mar-2023
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 長崎県立大学看護栄養学部紀要
Volume: 21
Start page: 9
End page: 19
ISSN: 1884-1759
Abstract: 本研究の目的は,他者が承認・称賛するサンキュ―カードの内容から,看護職員同士が承認・称賛し合う視点を明らかにし,職場環境改善への取り組みの示唆を得ることである.A 病院の2016 年4 月~ 2017年3 月のサンキューカードをデータとし,Berelson,B. の内容分析を用い2946 記録単位を分析対象とした.その結果,223 コード,70 サブカテゴリ,20 カテゴリを形成した.その内容に応じ,感謝,尊敬,称賛,承認,励みの視点に分類した.全体の 92.5%が感謝で,日常の看護業務・周辺業務,役割・代理業務,患者への対応,教育活動,精神的支援等の個人や部署内外への思いやりや優しさに対してであった.また,仕事ぶりや自己研鑽する姿に対しての尊敬,接遇や笑顔に対する称賛,後輩の成長や同僚の積極性・前向きな行動を承認し,頑張っている看護職員の姿を見て励みとする視点があった.共通するキーワードは,笑顔,気に掛ける,優しさ,丁寧,的確であった.職場環境改善として,明らかになった承認・称賛し合う視点を他施設でも応用し取り入れることで,認め・称え合う職場風土を醸成し,仕事に対する動機づけや働きがいが高まると考える.
Keywords: フィッシュ哲学
サンキューカード
承認
看護職員
職場環境
URI: http://hdl.handle.net/10561/2011
Appears in Collections:第21巻

Files in This Item:

File Description SizeFormat
v21p9_sadakata.pdf6.68 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library