DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
看護栄養学部紀要 >
第5巻 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/255

Title: 患者との診療情報の共有による医療、看護の変化-「個人情報の保護に関する法律」及び「診療情報の提供等に関する指針」に関連して-
Other Titles: Change of medical care and nursing which clinical practice data sharing with patient brought about.-related to "Personal Data Protection Law" and "The guideline on disclosures of clinical practice data"-
Author: 松本, 幸子
Author's alias: Sachiko, MATSUMOTO
Issue Date: Feb-2005
ISSN: 1346-6380
Abstract: 平成15年5月に「個人情報の保護に関する法律」が公布され、同9月に「診療情報の提供等に関する指針」が出された。日本の医療においても、インフォームド・コンセントの推進のために、1990年代の後半から続いてきた診療情報の提供に関する検討に関して、一定の方針が示されたことになる。「個人情報の保護に関する法律」は平成17年の4月の施行に向け、個人情報を取り扱う医療機関としても環境整備が急がれている。パターナリズムの色濃い日本の「お任せ」医療から、インフォームド・コンセントの理念に基づき、医療者が積極的に診療情報を提供することにより、患者が疾病と治療内容を理解し、両者が共同して疾病を克服する、より良い信頼関係を構築することを目的として取り組みが始まり、医療の有り様が変わろうとしている。 診療情報の提供に関するこれまでの過程を整理し、今回の「個人情報の保護に関する法律」と「診療情報の提供等に関する指針」に関連して、医療、看護はどのように関わろうとしているのか、またその課題について若干の検討を試みた。
Keywords: 診療情報の提供、インフォームド・コンセント、情報の共有、信頼関係、個人情報の保護
Description: 国立情報学研究所より電子化
URI: http://hdl.handle.net/10561/255
Appears in Collections:第5巻

Files in This Item:

File Description SizeFormat
v5p27_matsumoto.pdf本文1.11 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library