DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
看護栄養学部紀要 >
第3巻 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/294

Title: 地域住民の自立への認識の変化と行動の要因となるもの - 痴呆予防推進活動を通して-
Other Titles: A Change of the Recognition to the Independence of the Community from the Dementia Prevention Promotion Activities
Author: 野口, 房子
Author's alias: NOGUCHI, Fusako
Issue Date: Feb-2003
ISSN: 1346-6380
Abstract:  1992年~2002年の10年間、社会的にも、政策的にも変革する日本のコミュニティにあって、伊万里市黒川町では”長寿社会を創る”を理念とし、事業を痴呆予防推進活動を通じて、住民の健康への意識革命をはかっていった。  伊万里市の住民活動の動きになったのは、高齢者が痴呆問題を自分の問題として認知してきたこと。理念の”長寿社会を創る”を目標に一貫した態度で貫いてきたコ・メデカルを中止としたスタッフミーティング、各々の専門家会議の姿勢であった。   またこの活動が市全体に及んだのは、情報のネットワークの活用と、知的人材の活用が得られる社会であったことがいえる。
Keywords: コミュニティー,自立,認識,行動,要因,痴呆予防
Description: 国立情報学研究所により電子化
URI: http://hdl.handle.net/10561/294
Appears in Collections:第3巻

Files in This Item:

File Description SizeFormat
v3p37_noguchi.pdf本文780.48 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library