DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
看護栄養学部紀要 >
第2巻 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/618

Title: グループホームにおける痴呆性老人の行動分析
Other Titles: Behavioral Analysis of Demented Elderly Living in the Group Home
Author: 古川, 秀敏
国武, 和子
野口, 房子
Author's alias: FURUKAWA, Hidetoshi
KUNITAKE, Kazuko
NOGUCHI, Fusako
Issue Date: Feb-2002
ISSN: 1346-6380
Abstract: グループホームに入所している痴呆性老人6名の生活行動および介護職員のかかわりを観察すると同時に介護職員のかかわりが対象の表情に変化を与えたかを調査した。対象の行動をkitwoodらによって作成されたDementia Care Mappingを参考に、5分ごとに観察を行った。2日間の観察の結果、もっとも観察された行動内容は、「睡眠、眠たげ」であった。起床時間から消灯時間までの行動内容によって異なっており、介護職員のかかわりでは声かけがもっとも多く観察され、賞賛は最も少なかった。対象の表情の変化を従属変数、介護職員の声かけ、身体的接触、賞賛、笑顔と対象の行動内容を独立変数とした2項ロジスティック分析の結果、表情を変化させているのは他者との相互関係によるということが窺われた。
Keywords: グループホーム,痴呆性老人,行動観察,介護職員
Description: 国立情報学研究所により電子化
URI: http://hdl.handle.net/10561/618
Appears in Collections:第2巻

Files in This Item:

File Description SizeFormat
v2p73_furukawa.pdf本文675.45 kBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library