DSpace DSpace 日本語
 

長崎県立大学学術リポジトリ >
看護栄養学部紀要 >
第13巻 >

Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/10561/1145

Title: 女子大学生における行動変容段階と野菜摂取量から見た食生活
Other Titles: Study on Dietary Life of Female College Students Focusing on Behavior Modification Stage and Vegetable Intake
Author: 中尾, 尚美
岡本, 美紀
村井, 春霞
武藤, 慶子
Author's alias: NAKAO, Naomi
OKAMOTO, Miki
MURAI, Haruka
MUTO, Keiko
Issue Date: Mar-2015
Publisher: 長崎県立大学
Shimei: 長崎県立大学看護栄養学部紀要
Issue: 13
Start page: 9
End page: 18
ISSN: 1884-1759
Abstract: 平成24年度の国民健康・栄養調査によると20~29歳の野菜摂取量は243.9g/日であり、「健康日本 21(第 2 次)」の目標値である350g/日に達していない。その現状を踏まえ、本研究では野菜摂取 状況と行動変容段階に着目し、今後のアプローチに活かす目的で、女子大学生を対象に留置法でア ンケート調査を実施した。  行動変容段階と野菜摂取量との関連では、行動変容段階が後期に移行するにつれて野菜摂取量は 増加することが示され、野菜摂取量が多いグループほど、食意識・食行動の項目で望ましい状況を 示す高い得点が得られた。行動変容段階と野菜摂取量をもとに分類した 2 グループ(低群、高群) の食生活状況の比較では、特に「栄養バランスの考慮」、「料理の組み合わせ」で高群の得点が有意 に高かった。  これらの結果より、女子大学生を対象とした食事支援や栄養教育を実践する上で、行動変容を促 すことが野菜摂取量の増加にもつながり、行動変容の段階に合わせた支援を行うことの重要性が示 唆された。
Keywords: 野菜摂取量
行動変容
食意識・食行動
URI: http://hdl.handle.net/10561/1145
Appears in Collections:第13巻

Files in This Item:

File Description SizeFormat
v13p9_nakao.pdf1 MBAdobe PDFView/Open

Items in DSpace are protected by copyright, with all rights reserved, unless otherwise indicated.

 

Nagasaki Prefectural University attached library